Report 映像アーカイヴへようこそ

ワークショップとパフォーマンス《二葉天狗とおおぐい海獣》の映像より 
ワークショップとパフォーマンス《二葉天狗とおおぐい海獣》の映像より 

これまでに行った、いろいろな個性豊かな子どもたちとアーティストのワークショップより、いくつかの様子と、インタビューなどを映像でご紹介。雰囲気をほんのちょっとおすそわけ。お時間のあるときにぜひゆっくりとご覧下さい。

イギリスのアーティストによる、子どもたちとのワークショップ
Translating Cities:好きな形を見つけて自分だけの作品を作ろう!」

 [VIMEO] http://vimeo.com/228929750  (2′14″) 

イギリスの歴史あるアートセンター、カムデン・アーツセンターとAITのコラボレーショによるプログラムで東京に招聘した、ふたりの現代陶芸のアーティスト、エヴァ・マスターマンさんと、ジャクソン・スプラーグさんによるワークショップ。
子どもたちが粘土を手に街なかに出かけ、自然や建物のなかにある色々な模様や形を見つけて、石膏で型取り、自分だけのオリジナル彫刻作品をつくりました。いつもの見慣れた風景がちょっと違ってみえる、日常にはたくさんの模様にあふれていることを発見した1日でした。


アーティストによる、子どもたちとのワークショップ
「島々に伝わる神話をもとに作品をつくろう『空とカタツムリ』」

 [VIMEOhttps://vimeo.com/287441616 (2′41″) 

500年続く仏教寺に生まれ、僧侶の教育も受けたアーティスト、占部 史人さんと子どもたちとのワークショップ。
この世界で一番大きな存在だと誰もが思っていた空くんと、螺旋のしるしをしょった特別な存在の小さな一匹のカタツムリさんが会話をする「空とカタツムリ」をはじめ、南の島々に伝わる創世神話を紹介し、子どもたちが朗読をしました。

神話の世界に登場する動物や生き物たち、風景を自由に想像しながら、ドローイングや立体の彫刻作品を作り上げました。色々な島で語り継がれた物語を読みながら、はるか昔に海を渡ってきた人々と現在の自分とのつながりを感じられる、そんな時間になりました。

[レポート記事http://dearme.a-i-t.net/ws_skyandsnail/


現代美術のアーティストによる子どもたちとの影絵ワークショップ
川村亘平斎と子どもたち《二葉天狗とおおぐい海獣》オリジナル影絵パフォーマンス

[VIMEO] ダイジェスト (430″) https://vimeo.com/293326995

インドネシアで古典影絵とガムランを学んだ影絵師川村亘平斎さんと、特別ゲストにヒューマン・ビートボックスAFRAさんを迎えて、二葉むさしが丘学園(小平市)の子どもたちとの影絵と音楽のワークショップを行いました。
光と影の不思議な効果を体験したり、影絵人形を実際につくりながら、子どもたちそれぞれが自分だけの表現を考案。川村さんが神話的抒情詩マハーバーラタに想を得て小平の土地の歴史を織り交ぜた物語を、子どもたちのアイディアを取り入れたパフォーマンス作品として完成させ、地域の観客の前で発表しました。

フルバージョン(15’28”) https://vimeo.com/288464517

主演 川村亘平斎(影絵師/音楽家)と二葉むさしが丘学園の子どもたち
スペシャルゲスト AFRA(ヒューマン・ビートボクサー)
協力 二葉むさしが丘学園

[レポート記事] http://dearme.a-i-t.net/futabatengu2018/


フィフス・シーズンとアーティストのワークショップ「ヘンゼルとグレーテルとおおきなサル」オリジナルのおとぎ話から登場人物の気持ちを想像して、表現しよう

オランダ、ユトレヒト州にある精神医療施設アルトレヒト病院の、広大な森の敷地で、芸術家が滞在して作品制作や交流プログラムを行う、フィフス・シーズン|ビューティフル・ディストレス。

オランダから来日した、エスター・フォセン(フィフス・シーズン ディレクター/キュレーター)と、アーティストの和田昌宏さんと一緒に子どもたちを対象としてヨーロッパと日本の昔ばなしを組み合わせてつくったオリジナルのおとぎ話を使い、登場人物のこころの動きを想像して、安心できる居場所を考えるワークショップを行いました。