• プッシュトイ《おしずもう》をDAIKANYAMA T-SITEにて展示販売2019.08.7

    KOSUGE 1-16 《おしずもう》 2018  Photo by Yukiko Koshima

     

    KOSUGE1-16が瀬戸内国際芸術祭の参加作家に選出されたつながりで、dear Meのために製作したオリジナルプロダクトDAIKANYAMA T-SITE で開催中の「特別展 瀬戸内国際芸術祭 連動展」にて展示販売しています。

    プッシュトイ《おしずもう》は、2018年に美術家ユニットKOSUGE1-16が行った参加型ワークショップ「どんどこ!巨大紙相撲 星美場所」から生まれました。これまでのKOSUGE1-16の作品に見られるように自然の木の優しく穏やかな表情が残る《おしずもう》。台座のボタンを押すと力が緩んでポーズが変化します。売り上げの一部は、dear Meの活動資金となり、子どもたちへと還元されます。

    是非、この機会に足をお運びください。


    DAIKANYAMA T-SITE anjin café

    特別展 瀬戸内国際芸術祭 連動展
    会期:2019年7月8日(月)〜10月6日(日)
    時間:11:00(AM)-2:00(AM)

    会場:DAIKANYAMA T-SITE 2号館2階 anjin カフェ
    主催:株式会社アートフロントギャラリー

    瀬戸内海の12の島と高松・宇野を舞台に展開されるアートの祭典、瀬戸内国際芸術祭。好評を博した春会期に続き7月からは夏会期、9月からは秋会期が開催されます。DAIKANYAMA T-SITE anjinカフェでは瀬戸内国際芸術祭との連動企画として瀬戸内参加作家をピックアップし、出展作品の紹介と共にお部屋にも飾れる素敵な作品を展示します。手ごろなサイズ感で展示される作品はその場でお買い求めいただき、お持ち帰りいただけます。瀬戸芸定番の人気作品や話題の新作を発表した作家による小作品を通じて、ここ代官山より皆様を瀬戸内の空気へと誘います。

    http://www.artfrontgallery.com/project/anjin_cafe/daikanyama_t-site_anjin_cafe_1.html

    参加作家:五十嵐靖晃(沙弥島、本島)、大岩オスカール(男木島)、栗真由美(男木島)、康夏奈(小豆島)、荒神明香(本島)、KOSUGE1-16(高松)、シャン・ヤン(小豆島)、南条嘉隆(沙弥島)、ニコラ・フロック(高松)、長谷川仁(女木島)、原倫太郎+原游(女木島)、真壁陸二(男木島、本島)、目(小豆島)、山口啓介(男木島)、レアンドロ・エルリッヒ(女木島)

     

  • 《未来にワクワクしよう》ピーター・マクドナルドと Åbäkeによる風呂敷とポストカードセット。2019.04.9

    ピーター・マクドナルドさん Photo by Yukiko Koshima

     

    ロンドンを拠点に活動するアーティスト、ピーター・マクドナルドとデザイナーコレクティヴÅbäkeによるdear Me オリジナルの風呂敷とポストカードセットができました!

    《未来にワクワクしよう / Celebrating The Future 》シリーズとして、未来に起こりうるかもしれないできごとや、出会うかもしれない人々が、作品のカラフルな絵柄の中に登場しています。特別企画として、想像した世界やメッセージをピーター・マクドナルドさんに届けることができます。

    詳細は、後日Supportページにてお知らせします。お楽しみに!

    (風呂敷製作:株式会社かまわぬ/オリジナルタグ製作:株式会社出口織ネーム)

  • 日本財団DIVERSITY IN THE ARTSのウェブサイトにフィフス・シーズンの記事が掲載されました2019.02.14

    Photo by 阿部健

    『精神医療とアートのプラクティス。
    オランダで20年続くアーティスト・イン・レジデンス〈フィフス・シーズン〉の試み』
    https://www.diversity-in-the-arts.jp/stories/12146

     

    dear Meプロジェクトの招へいで2018年に東京に滞在した〈フィフス・シーズン〉のディレクター、エスター・フォセンのインタビューが、「日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS」のウェブサイトに掲載されました。

    精神科医療施設の広大な森の敷地にアーティストや表現者が滞在し、患者やスタッフとの交流から制作や作品の構想を考える活動を行う〈フィフス・シーズン〉。
    オランダ・ユトレヒト州にある精神医療センター、アルトレヒト病院で1998年に始まったこのプロジェクトが、医療にとって、そしてアートにとってどのような影響を与えてきたのか、エスターのインタビューを通して紹介しています。
    後半は、dear Me とオランダ王国大使館の助成による招へいで、MAD2018年の一環で開催した和田昌宏さんとエスター・フォセンの企画によるワークショップについても触れています。


    ( インタビュー掲載日 2018.2.13)

     

  • オンラインマガジンgreenzに記事が掲載されました。2019.02.9

    「Kosuge1-16」による児童養護施設・星美ホームでのワークショップ「どんどこ! 巨大紙相撲」Photo by Yukiko Koshima

     

    『子どもの問題は大人の問題だった。児童養護施設等の子どもたちに
    遊びと学びを届けるアートプロジェクト「dear Me」の活動から見えてきた、
    アートが社会にもたらす価値と可能性』https://greenz.jp/2019/02/08/dearme/

     

    dear Meの活動を、この度NPO法人greenzのウェブマガジンに紹介していただきました。

    児童養護施設・星美ホームで開催した美術家ユニット「Kosuge 1-16」によるワークショップのことを中心に、さまざまな活動が取り上げられています。子どもたちがアーティストと出会い、アートの思考に触れる場をなぜ作りたいのか、その体験をどう共有していきたいのかがわかる内容です。

    私たちのプロジェクトを知るきっかけに、是非ご一読ください。

     

     

     

  • dear Meサイトリニューアルオープン!「participate」ページが新たに公開されました!2018.09.22

    Drawing by Peter McDonald

    dear Meのウェブサイトがリニューアルオープンしました。
    participate(知る・参加する)ページでは、これまでの活動レポートやワークショップのお知らせ、ゲスト講師によるレクチャーシリーズ、インタビュー他、お知らせなどを随時アップしていきます!
    どうぞお楽しみに。

     

1 2