制度や枠組みを超えた福祉とアートのつながりや、社会の課題にアートがどうアプローチできるのでしょうか。そうした関心から少しずつリサーチを重ねてきたAITが、2016年に東京で出会ったのが、日本とアメリカの児童福祉をつなぐ様々な活動をするNPO団体、IFCAのメンバー。そのIFCAの粟津さんの紹介により、児童福祉の現場で長年経験を積んだ専門家と、IFCAのベテラン・ユース達の来日に合わせて開催されたラウンドテーブルのレポートです。制度や枠組みを超えた福祉とアートのつながりや、社会の課題にアートがどうアプローチできるのでしょうか。そうした関心から少しずつリサーチを重ねてきたAITが、2016年に東京で出会ったのが、日本とアメリカの児童福祉をつなぐ様々な活動をするNPO団体、IFCAのメンバー。そのIFCAの粟津氏の紹介により、児童福祉の現場で長年経験を積んだ専門家と、IFCAのベテラン・ユース達の来日に合わせて開催されたラウンドテーブルのレポートです。制度や枠組みを超えた福祉とアートのつながりや、社会の課題にアートがどうアプローチできるのでしょうか。そうした関心から少しずつリサーチを重ねてきたAITが、2016年に東京で出会ったのが、日本とアメリカの児童福祉をつなぐ様々な活動をするNPO団体、IFCAのメンバー。そのIFCAの粟津さんの紹介により、児童福祉の現場で長年経験を積んだ専門家と、IFCAのベテラン・ユース達の来日に合わせて開催されたラウンドテーブルのレポートです。制度や枠組みを超えた福祉とアートのつながりや、社会の課題にアートがどうアプローチできるのでしょうか。そうした関心から少しずつリサーチを重ねてきたAITが、2016年に東京で出会ったのが、日本とアメリカの児童福祉をつなぐ様々な活動をするNPO団体、IFCAのメンバー。そのIFCAの粟津氏の紹介により、児童福祉の現場で長年経験を積んだ専門家と、IFCAのベテラン・ユース達の来日に合わせて開催されたラウンドテーブルのレポートです。

finished
finished
finished
1 2