(日本語) dear Meのインタビューシリーズ「こどものわたしとおとなのわたし」は、アーティストや表現者ほかいろいろな分野で活動する大人たちに、子どもの頃のエピソードを聞く企画。社会とどう折り合いをつけてきたか、どう今の職業を選んだか、また、一人の大人としてこれから子どもたちとどう関わっていきたいかをご紹介し、自分なりの社会との関わりかたのヒントを探ります。

色とりどりな子どもがいるように、社会を支える大人の生き方も在り方もさまざまです。精神科医として病院に勤務しながら、ミュージシャン、そして文筆家として活躍する星野概念さんに、子ども時代のこと、そして未来のために大人たちができることについて聞きました。

finished
finished
finished
finished
1 2 3