Report お金ではない交換システム|駄菓子屋たばZ、アーティストの絵本ワークショップ

Photo by Miki Kitazawa

CINRA.NETが主催した、みんなでつくる文化祭「NEWTOWN(ニュータウン)」の一環で行われた美術展「Precious Situation」に、dear Meとして参加し、子どもたちが自由に参加できる「たばZ(子ども駄菓子屋)」を出展しました。

多様な価値観と出会うきっかけづくりや作品が生み出す“交歓”をメインテーマとする美術展「Precious Situation」では、dear Meのほか、オル太、今井さつき、ABEBEが参加しました。

子ども駄菓子屋プロジェクト in NEWTOWN

「たばZ(ゼット)」は、高知県在住のアーティストユニットKOSUGE1-16の小学生の兄妹のお子さんが考案した駄菓子屋プロジェクト。お金ではない交換の方法で駄菓子をもらえるお店。子どもたちが遊びに参加したり、駄菓子屋の店長をすることで、「たばゼットポイント」をもらい、駄菓子やおもちゃと交換できる仕組みです。

今回、特別に出張型「たばZ(ゼット)in NEWTOWN」として多摩ニュータウンにやってきました。

もともと学校だった校舎の空間で開催されたイベント。教室には、色とりどりの駄菓子やおもちゃが並んだ、たばZ(ゼット)屋台。通りすがりの子どもも大人も、興味津々にお店をのぞいていました。

今回のたばZ(ゼット)屋台では、オリジナルのたばZ(ゼット)ポイントカードを使い、いくつかのお題から好きなものを選び、いろいろな方法でポイントを貯めることができます。貯めたポイントに応じて、好きなお菓子やおもちゃと交換できる遊びです。

たばZ(ゼット) in NEWTOWN のお題

● たばZのオリジナルキャラクターを考えたら1ポイント
● 描いたキャラクターを部屋に展示したら1ポイント
● 自分で絵を描いて、バッヂをつくると1ポイント
● 隣の展示室のアーティスト、今井さつきさんの参加型作品に参加して花を1輪つくると2ポイント
● 子ども店長を15分することで1ポイント

子ども店長が書いた、ポイントを貯める説明書き

子ども店長の役目を立候補してくれた小学生のひとりは、チラシを手に、呼び込みから頑張ってくれました。最初は少し恥ずかしそうにしていた子も、だんだん積極的に声をかけられるように。

机の上には、用意されたワークシートや、色ぬりの道具、オリジナルのバッヂをつくれるバッヂマシンなど、所狭しと並んでいます。参加者それぞれ、自分の作りたいものや、参加しやすいものを選んで、ポイントに交換していきます。

自分の絵が簡単にグッズにできるバッヂ作りも大人気。バッヂマシンのまわりはいつも人だかりです。
みんな、思い思いに手が進みます。大人や友達と一緒に考えてキャラクターやバッヂをつくる子もいれば、黙々とつくりあげる子も。

サッカーの練習帰りの子どもグループも連日、バッヂづくりに遊びに来て、お互いの絵柄に大盛り上がり。

駄菓子の並んだ屋台の前では、貯めたポイントの「Z」スタンプが押されたカードを手に、どれにしようかじっくりと時間をかけて考える子どもや大人の姿がありました。

昭和の時代には沢山みかけた昔ながらの駄菓子屋さんは、時代とともに街中には少なくなってきていますが、いつの時代も、小さなお菓子たちやおもちゃのスーパーボール、くじが付いたカードは、私たちをワクワクさせてくれます。

スウェーデンのアーティスト、アーロン・ランダールの絵本読み聞かせ

イベント2日目には、スウェーデンから日本を訪れていたAITのレジデンスアーティスト、アーロン・ランダールも、たばZ in NEWTOWNのdear Me ゲストとして参加しました。

アニメーション「魔女の宅急便」の舞台のモデルとなった場所で知られる美しい島、ゴットランド島に生まれ育ったアーロンは、幼い頃から自然に囲まれて育ち、現在は繊細なタッチで動植物や空想の生き物などのイラストを多く手がけています。

今回、スウェーデンで出版されたばかりの自身の絵本《Dropp Dropp》をつかい、絵本の読み聞かせを行いました。生物学者でもあるパートナーのクララがスウェーデン語で、続いてアーロンが日本語でテキストを読み聞かせました。

 

「ポタ・・ポタ・・・」

雫の滴り落ちる音とともに、赤いしみの行方を探っていく、ちょっと不思議な、ちょっとこわくて、お茶目なモンスターが登場する物語。ページをめくるたびに、子どもたちは真剣な顔で聞き入っていました。

絵本の読み聞かせのあとは、子どもたちがそれぞれ自分の考える想像上のモンスターと、モンスターの好物の食べ物を考えて絵や文字で描くワークを行いました。参加した子どもや来場者の描いたキャラクターやモンスターはそれぞれユニークな表現が沢山ありました。

子どもの中には、お金ではない方法でお菓子やおもちゃと交換できる仕組みに、「本当にいいの?」「すごい!」という声も聞こえてきました。KOSUGE 1-16の子どもたちが考えた「たばZ」の仕組みをつうじて、お金とは違う価値の考え方について、考えるきっかけになったようです。

みんなの考えた絵は、部屋いっぱいにどんどん展示されていき、最後にはみんなでつくった展覧会になりました。
たくさんのオリジナルキャラクターを考えてくれた皆さん、ありがとうございました!

たばZ(ゼット)屋台とdear Meはいろんな場所にこれからも出没していけたらと思いますので、またお会いできることを楽しみにしています。

 

アーロンをモチーフに描かれたキャラクター(小学生作)

スタッフの声

初めて、dear Meのワークショップに参加しました。大賑わいで、その人につられてきた子どもたちが飛びつくように駄菓子の屋台に走ってきたのが印象的でした。あと何ポイントでこれを買えるかな、何を買おうかな、とキラキラとした目で駄菓子を見つめる姿は、今の時代も変わらないのだと感じました。また、いかにも野球少年のような子から、お絵かきが好きな子まで本当にいろんな子どもたちが楽しんで参加してくれて、その作品も多様でした。

オリジナルキャラクターを作るという課題では、家族をキャラクターにしたり、動物をキャラクターにしたりと、それぞれの子の「好き」がたくさん詰まっているようでした。子どもの感性は本当に素直で、好きな色を使って、好きな形、ものを書いて。そして、アーティストと関わって、言葉がわからなくとも描いたものでコミュニケーションをしてつながって。お菓子と同じかそれ以上に缶バッジが大人気で、やはり「自分の描いたものが形として残る」という経験は、嬉しいもののようでした。たくさん作って、あちこちバッジをつけ、ニコニコと身体中につけたバッジを見せてくれる子も何人もいました。
 「描く・作る・表現すること」。何気なく、生活をしている中ではなかなかしません。それでも、恥ずかしがったりしつつ素直に楽しんで、表してくれること。今は街中で見なくなった、駄菓子でみんなが喜んで、たくさん考えてお買い物をすること。ものを売るということを知ること。アートを基盤として、コミュニケーションをとってくれること。それらが、なんだかこみあげるように嬉しかったです。

毛利 芽衣(大学4年 / AITインターン)
プロフィール
  • たばZ
    駄菓子屋「たばZ」は2016年11月に高知県佐川町にオープンした、対面式のお店です。元は、アーティストユニットKOSUGE1-16の自宅に子どもたちが開いたお店で、子ども店長と副店長がいます。
    『なぜたばZという名前にしたかというと、ここはもともと商店でタバコも売っていてそのタバコを売っていたところのかんばんに書いてあるタバコの「こ」の間がつながっていて「Z」に見えたので「たばZ」にした。』
    (元祖・店長談) 今回、元祖・店長から預かった、たばZ屋台が特別に本イベントに初出張します。
  • Precious Situation
    CINRA.NET主催のイベント『NEWTOWN 2019』内で開催される、多様な価値観と出会うきっかけをつくる場を目指し、作品が生み出す“交歓”をメインテーマとする美術展。社会福祉とアートをテーマに活動している、または多様な来場者との交歓を志向できるアーティストの作品を紹介。参加作家は、今井さつき、オル太、ABEBE、dear Me。キュレーターは青木彬。
    会期:2019年10月19日(土)、10月20日(日)
    会場:東京・多摩センター  デジタルハリウッド大学 八王子制作スタジオ
  • NEWTOWN 2019
    2019年10月19日(土)、10月20日(日)
    会場:東京都 多摩センター パルテノン多摩、パルテノン大通り、デジタルハリウッド大学 八王子制作スタジオ(旧三本松小学校)

    音楽ライブ:
    カネコアヤノ、前野健太、柴田聡子、王舟、国府達矢、眉村ちあき、君島大空、ROTH BART BARON、betcover!!、羊文学、DÉ DÉ MOUSE&Akinori Yamamoto from LITE、永原真夏、Mom、Maica_n、荒川ケンタウロス、よしむらひらく、渡會将士、NakamuraEmi、ザ・なつやすみバンド、大比良瑞希、五味岳久(LOSTAGE)、ラッキーオールドサン、ninoheron(uri gagarn、group_inou)、沖ちづる、笹川真生、Nagie Lane、錯乱前戦、マーライオン、KUDANZ、磯野くん(YONA YONA WEEKENDERS)、Jurassic Boysアコースティックセット、BROTHER SUN SISTER MOON、TheWorthless、おどるんたたくんand more

    音楽ライブほか、美術展、映画上映、演劇&ダンス、落語、ポエトリー、のど自慢大会、トークショー、盆踊り、ワークショップ、子どもの遊び場など。マーケットも同時開催。公式サイト https://newtown.site