dear Meが始まった背景

NPO 法人アーツイニシアティヴトウキョウ [ AIT/ エイト ] はこれまで多くの豊かな思考や想像力、時に鋭い批評性を持つ国内外のアーティストやキュレーターと関わりを持ち、アートの表現を通して今の時代や社会を考える活動をしてきました。2001年から始めた現代アートの教育プログラム「MAD(マッド)=Making Art Different(アートを変えよう、違った角度で見てみよう)」では、美術史だけではなく社会学や宗教学、福祉などの観点から、生きることそのものに直結したアートを受講生と一緒に模索してきました。また、AITがキュレーターとして関わった、アウトサイダーアートと現代アートのアーティストによる「ミュージアム・オブ・トゥギャザー」展(2017年/スパイラル 主催:日本財団)では、インクルーシブな鑑賞を指向し、アクセス・アート・プログラムを実践する機会を得ました。
こうした活動をするなか、AITのスタッフが個人的なきっかけで参加したボランティア活動を通して児童入所施設にいる子どもたち、入院など隔離された空間で暮らしている子どもたちや外国にルーツのある子どもたちとの出会いが重なり、アートと子ども、福祉をつなぐプロジェクトの種となるアイディアが湧いてきました。

dear Meというネーミングには、「私」を大切にするという想いが込められ、また「おや!」「まあ!」など、驚いた時や発見をした時に発する言葉であることにも由来しています。アートで子どもたちやその周りにいる大人たちに何ができるのかは未知数ですが、いろいろな思考に触れたり主体的に表現できる環境をつくり、子どもたちのなかに多くの問いや想像が広がることを第一に考え、dear Meは動いています。
その先にどのような景色が見えるか、子どもたちやアーティストたち、そしてみなさんと一緒に発見していきたいと私たちは考えています。

dear Me(ディア ミー)プロジェクトについて

2016年よりスタートした、NPO 法人アーツイニシアティヴトウキョウ [ AIT/ エイト ] と日本財団による、すべての子どもが夢や希望を持てる社会づくりを目指す、アートや表現を通じた自由な学びと、未知のものに出合う場づくりを行うプロジェクト。 児童入所施設や里親家庭、不登校児ほか、さまざまな環境下にある子どもと若者、大人の伴走者に向けた、鑑賞ワークショップや国内外のアーティストによるワークショップを実施するほか、子どもを取り巻くさまざまな社会課題や制度、より良い社会をつくるためのヒントについて共に学ぶレクチャーやシンポジウム、イベントを企画。現代アートの多様な表現や対話を通じて、子どもと福祉とアートの新しい可能性について考えていきます。

http://dearme.a-i-t.net
アニメーション:ひらのりょうと子どもたち/撮影:折笠貴、横山一郎/編集:藤井康之/ロゴデザイン:KIGI/音楽:江本祐介
NPO法人アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト]について

現代アートとそれに関わる文化や社会について考えるための場作りを目的として、2001年に設立したNPO団体です(2002年法人化)。 個人や企業、財団あるいは行政と連携しながら、現代アートの複雑さや多様さ、驚きや楽しみを伝え、それらの背景にある文化について話し合う場を、さまざまなプログラムを通して創り出しています。

http://www.a-i-t.net

ロゴについて dear Me Me dearme You

dear Meのロゴは、D-BROSPASS THE BATON流Qなど優しさと遊び心溢れるデザインでも知られるKIGI(キギ)さんに依頼しました。リボンのモチーフには、「ひととひとをつなぐ・結ぶ」という意味と、「プレゼント」という2つの意味があります。時に、人は自分が今いる場所で生きにくさや窮屈さを感じる時もあります。でも、それらを生かしポジティヴに自由に表現することで、そうした状況でさえ強みに変えていくこともできる、そしてdear Meの活動に参加することで何かを発見したり、思いもしなかった能力が開花したり、「何かを得ること=プレゼント」につながればという想いが込められています。

KIGI:http://www.ki-gi.com

dear Me のネーミング (AIT)

いろいろな環境にある子どもたちや、そこに寄り添う人々に、自分の想いを大切にして欲しいというメッセージがあります。アートの表現によるさまざまな価値観や出会いを通じて、「私のなかの私」や「あなたとの関係の中の私」を発見し、それを大切にしながらさまざまに変化する「Me」を増やしたい、といったメッセージも含まれています。

Staff
  • 堀内 奈穂子 【dear Me ディレクター/AIT キュレーター】
    dear Meプロジェクトメンバー。さまざまな知識を持ち寄った実験的な学びや、アーティストの表現やアートの思考を通して新たな知を創造する場づくりに関心を持つ。児童養護施設でのボランティアを経験し、子どもとアーティストが協働することで生まれる未知なる表現や創造の回路、これからのアート・エデュケーションの可能性について模索している。AITでは、レジデンス・プログラムや展覧会、企業プログラム、教育プログラムMADの企画に携わる。
  • 藤井 理花【dear Me 企画・コーディネーター/AIT プロジェクト・マネジャー】
    dear Meプロジェクトメンバー。個性豊かな子どもや若者が主体的に関わるプログラムをリサーチ中。長期入院の家族と過ごした経験や、子どもや障がいのある人たちとの文化活動に参加したことから、病院や施設、公共の場などでのアートの実践や表現の可能性に関心を持つ。AITでは主に展覧会やイベント、ワークショップのコーディネートや企画を担当。AITが企画協力した「ゴー・ビトゥイーンズ展-こどもを通してみる世界:子どもキャプションプロジェクト」(2014年、主催:森美術館)では、学校プログラムや一般の子ども向けワークショップの運営に携わった。
  • 清水 美帆【dear Me広報・企画/アーティスト】
    アーティスト活動に並行しながら、dear Meのスタッフとして運営に携わる。公共の場で専門家と一般の人が一緒に場を共有して個人と社会の関係性を考える空間を作ることに興味を持っている。2017年にSHIBAURA HOUSEが開催した学びのプログラムnl/minatoではコーディネーターを務め、オランダと日本における「LGBT」「ジェンダー」「メディア」 のリサーチを行った。
  • 青木 彬【dear Me企画・制作/インディペンデント・キュレーター】
    公共劇場で演劇や子ども向けワークショップの企画・制作を経て、2015年よりインディペンデント・キュレーターとして活動。アートプロジェクトやオルタナティヴ・スペースをつくる実践を通し、日常生活でアートの思考や作品がいかに創造的な場を生み出せるかを模索している。「ソーシャリー・エンゲイジド・アート展」(2017年/アーツ千代田3331)にはキュラトリアル・アシスタントとして関わり、社会性のあるアートを紹介する展覧会の構成を行った。dear Meのスタッフとして運営に関わるほか、AITでは教育プログラムMADの企画にも携わる。
Message
  • dear Meの活動は、困難に立ち向かう状況にいたり、アートに触れる機会が少ない子どもたちに勇気を与えるものだと思います。アートを活用し、内に抱える考えや気持ちを表現することができ、また、子どもたちが安心してそうできる場づくりを行なっています。これは、アートそのものがオープンで、どのような表現でもあっても、優劣や評価の対象になるものではないからこそできることだと言えます。 ― エスター・フォセン
    (フィフス・シーズン ディレクター/ビューティフル・ディストレス・アート・マニフェステーションキュレーター)
  • みんなで一緒に子どもたちが夢や希望を描きやすい社会づくりを目指すプロジェクトです。わくわくしませんか?
    老若男女、知識の有無など関係無く、同じこの時代に生きている地球人として、子どもたちと同じ目線で伴走し、未来を考えている人たちがいます。今あなたは、枠付けられ、規範を押し付けられ、評価され、そんな社会で生き辛さを抱えているかもしれません。もし、そうだとしたら、ここに来て、アートや表現の心地よさやパワーやつながりを、一緒に感じてみませんか? 参加した後、きっと、心が少し軽くなる、温かくなる、そんな自分に気付くと思います。心地よい空気と笑顔が待っています! ― 鈴木 秀洋(日本大学危機管理学部准教授)