dear Me is a project initiated in 2016 by non-profit organization Arts Initiative Tokyo (AIT), with three-years of funding support from The Nippon Foundation. It provides an open approach to learning through art and expression, and a platform where the unknown can be encountered with the goal of creating a society that encourages all children to have hopes and dreams. The project is directed towards children and young people in various living situations, including those in children’s homes, foster homes and those refusing to go to school, along with adult supporters. In addition to organizing workshops for art appreciation and workshops led by domestic and international artists, dear Me also holds lectures, symposiums and events where participants can learn together about the social issues and systems surrounding children, and gain ideas for the creation of a better society. Through various activities and dialogue focused on contemporary art in all its diverse forms, dear Me hopes to explore new possibilities for children, welfare and art.

児童養護に携わる専門家からのコメント

鈴木秀洋(日本大学危機管理学部准教授)

社会的養育にdear Meの活動は不可欠

今、子どもたちに必要なことは、自分の「好き」「楽しい」を自由に表現し、解放的に行動することが許される環境・空間・人々の肯定的な関わりです。それはまさにdear Meの活動そのものでしょう。
dear Meが提供する「芸術」の思考や表現を活用した学びのプログラムでは、子どもたちの「選択」を周囲の大人達が肯定的にサポートし、子どもたちの自己肯定感を育み、生き方の幅を広げるサポートを実現しています。特に社会的養育下の子どもたちや保護者・養育者には、こうした「こころ」を解放し、温めるようなサポートが必要です。行政は、これまで衣食住などの物理的支援や相談に応じるという定型的サポートを中心に行ってきました。しかし、これからの児童福祉行政の展開を考えるときに、dear Meの視点とプログラムが必要となるでしょう。

児童福祉行政に身を置いてきた者として、かつ現在児童福祉・社会的養育の研究者として、行政の社会的養育施策にdear Meの活動を採り入れていくことを強く推奨します。

児童福祉施設や子ども支援団体のみなさまへ

プロジェクトに関心のある児童福祉施設や子どもたちの支援団体等のみなさまからも、プログラムの企画・運営に関する相談やご要望を広く受け付けています。

CONTACTよりご連絡ください。