MAD2017:ザツゼンに生きるー障害と健常を超える場のつくり方

NC10-1

 

障害福祉から世界を変える!?カプカプの取り組みとは。

横浜・ひかりが丘団地の商店街の一角にある、お年寄りや子ども、障害のある人もない人ものびのびと過ごしている空間、喫茶カプカプ所長の鈴木励滋氏のお話をお聞きします。そこは、色々な違いを持った人たちが、垣根なく自然体でいられる場所です。カプカプの様々な取り組みのなか、アーティストも関わり、身体や楽器を使ったワークショップやイベントなどあらゆる人が参加し表現できる場を継続して創出しています。一見ささやかな日常の風景でありながら、じつは障害福祉から世界を変えようとしているカプカプの成り立ちと試みとは、そして、そこで行われているアートの役割や可能性はどのようなものなのでしょうか。時にネガティヴに思われがちな、障害や高齢化、住宅団地が持つイメージをポジティヴに転換し、人と人とが繋がる「場」づくりやわたしたちの社会の在り方について、一緒に考えます。

*AITでは、新しい試みとして、生きづらさを抱えた人々や社会から隔たる環境にある人たちに向けた、アートや表現を通じた場づくりのプロジェクト「dear Me」を始めました。そのリサーチを通して、さまざまな人が集まる多様な場や社会的課題に取り組む活動や人々の視点が見えてきました。

プロフィール
  • 鈴木励滋(地域作業所カプカプ所長)
    1973年群馬県生まれ。1997年から地域作業所「カプカプ」の所長を務める。『生きるための試行エイブル・アートの実験』(フィルムアート社、2010年)や『季刊ピープルズ・プラン』(ピープルズ・プラン研究所)に寄稿するほか、演劇に関する批評や記事を芸術評論誌『ユリイカ』(青土社)や『月刊ローソンチケット』、劇団ハイバイのツアーパンフレットなどに執筆。政治社会学の栗原彬氏との対談『ソーシャルアート 障害のある人とアートで社会を変える』(学芸出版社、2016年)では、カプカプでの活動を紹介している。