9月22日開催 dear Meフェス!

dearme_180730_2 「dear Meフェス!」チラシイメージ部分、drawing by ひらのりょう (FOGHORN)
AITでは、アートとフクシの議論を多様な人と深めることを目的として、アートの思考と創造的なフクシを交差させ、子どもたち、そして未来の学びの場を想像する「dear Meフェス!」を代官山のヒルサイドプラザにて9月22日(土)に開催します。

20170429_00720世紀の美術の歴史を振り返ると、さまざまな人々と「より良く生きる」ための試みが、特にアーティストたちによる実験的な生活の場づくりや社会変革を通して実践されてきました。近年、美術館やアートスペースにおいても、多様な人々に向けた鑑賞プログラムや、フクシの視点を取り入れた展覧会も増えています。そうした中、現在において、アートとフクシの協働とはどのような意味を持つのでしょうか。また、そこからはどのような知識を生み出し、新たな経験を育むことできるのでしょうか。 当日は、アーティストと子どもが制作した作品やグッズ、実験的な福祉の場づくりに携わる人々へのインタビュー映像を紹介する「展示と屋台」のコーナー、子どもたちと身近な疑問について考察する「子どもといっしょにてつがくセッション」、アーティストや美術館のキュレーター、福祉の専門家を招いた「シンポジウム」を通して、アートと子ども、フクシの心地良い場を一緒に想像します。

 

1. 展示と屋台のコーナー13:00-17:30

これまでdear Meで実施したワークショップの記録やインタビュー映像、また、アーティストと子どものワークショップから生まれた作品やグッズなどを紹介します。また、屋台では、関連団体の活動を紹介します。

[展示・記録映像] 参加アーティスト:占部史人、KOSUGE1-16、田村友一郎、川村亘平斎とAFRA、エヴァ・マスターマン、ジャクソン・スプラーグ、フィフス・シーズンと和田昌宏、大曽根朝美、ひらのりょう、N&R Foldings、會本久美子、伊藤史子 ほか

[グッズ] ピーター・マクドナルド×Abake、川村亘平斎と二葉むさしが丘学園の子どもたち、ひらのりょう、前田ひさえ、KOSUGE 1-16、キギ ほか ※一部のグッズの売上はdear Meプロジェクトにて今後の子どもたちへのアートを届ける活動に充てられます。

2. 越境するアートとフクシのシンポジウム 13:30-16:00(定員:100名)*要予約

アートとフクシの考えを取り入れながら創造的な実践を行うキュレーターやアーティスト、ソーシャルワーカー、自立支援を行う専門家を招き、活動の紹介や協働の可能性、難しさ、意義を探ります。

[スピーカー] 今井朋 (アーツ前橋 学芸員)、高田大志(浦河ひがし町診療所副所長 / ソーシャルワーカー)、高橋亜美(アフターケア相談所ゆずりは所長)、土谷享(美術家ユニット KOSUGE1-16)

[モデレーター] 堀内奈穂子(AIT)
シンポジウムは事前予約が必要です。こちらの予約フォームよりご登録ください。

3. 子どもといっしょにてつがくセッション 16:00-17:00(対象:小学生〜中学生 定員:20名)

子どもたちや参加者が、身の回りの疑問を持ち寄りながら、哲学の考えを頼りに気軽に緩やかに話し合う場です。 ー ともだちってなあに?しあわせってどういうこと?どうして勉強しなくちゃいけないの?昨日のわたしと今日のわたしはおなじ?ふだんギモンに思わないことにハテナをつけて考えてみることを「てつがくする」といいます。この会ではみんなが見つけた日常のハテナを出しあって、頭をぐるぐるさせながら、いっしょに楽しく「てつがく」してみましょう!

[コーディネーター] 山森裕毅(大阪大学COデザイン・センター特任講師) ※本セッションでは、アーティストの大曽根朝美による、触れたり座ったりできるソフト・スカルプチャーを体験しながら語らいます。

20170429_00720世紀の美術の歴史を振り返ると、さまざまな人々と「より良く生きる」ための試みが、特にアーティストたちによる実験的な生活の場づくりや社会変革を通して実践されてきました。近年、美術館やアートスペースにおいても、多様な人々に向けた鑑賞プログラムや、フクシの視点を取り入れた展覧会も増えています。そうした中、現在において、アートとフクシの協働とはどのような意味を持つのでしょうか。また、そこからはどのような知識を生み出し、新たな経験を育むことできるのでしょうか。 当日は、アーティストと子どもが制作した作品やグッズ、実験的な福祉の場づくりに携わる人々へのインタビュー映像を紹介する「展示と屋台」のコーナー、子どもたちと身近な疑問について考察する「子どもといっしょにてつがくセッション」、アーティストや美術館のキュレーター、福祉の専門家を招いた「シンポジウム」を通して、アートと子ども、フクシの心地良い場を一緒に想像します。

 

1. 展示と屋台のコーナー13:00-17:30

これまでdear Meで実施したワークショップの記録やインタビュー映像、また、アーティストと子どものワークショップから生まれた作品やグッズなどを紹介します。また、屋台では、関連団体の活動を紹介します。

[展示・記録映像] 参加アーティスト:占部史人、KOSUGE1-16、田村友一郎、川村亘平斎とAFRA、エヴァ・マスターマン、ジャクソン・スプラーグ、フィフス・シーズンと和田昌宏、大曽根朝美、ひらのりょう、N&R Foldings、會本久美子、伊藤史子 ほか

[グッズ] ピーター・マクドナルド×Abake、川村亘平斎と二葉むさしが丘学園の子どもたち、ひらのりょう、前田ひさえ、KOSUGE 1-16、キギ ほか ※一部のグッズの売上はdear Meプロジェクトにて今後の子どもたちへのアートを届ける活動に充てられます。

2. 越境するアートとフクシのシンポジウム 13:30-16:00(定員:100名)*要予約

アートとフクシの考えを取り入れながら創造的な実践を行うキュレーターやアーティスト、ソーシャルワーカー、自立支援を行う専門家を招き、活動の紹介や協働の可能性、難しさ、意義を探ります。

[スピーカー] 今井朋 (アーツ前橋 学芸員)、高田大志(浦河ひがし町診療所副所長 / ソーシャルワーカー)、高橋亜美(アフターケア相談所ゆずりは所長)、土谷享(美術家ユニット KOSUGE1-16)

[モデレーター] 堀内奈穂子(AIT)
シンポジウムは事前予約が必要です。こちらの予約フォームよりご登録ください。

3. 子どもといっしょにてつがくセッション 16:00-17:00(対象:小学生〜中学生 定員:20名)

子どもたちや参加者が、身の回りの疑問を持ち寄りながら、哲学の考えを頼りに気軽に緩やかに話し合う場です。 ー ともだちってなあに?しあわせってどういうこと?どうして勉強しなくちゃいけないの?昨日のわたしと今日のわたしはおなじ?ふだんギモンに思わないことにハテナをつけて考えてみることを「てつがくする」といいます。この会ではみんなが見つけた日常のハテナを出しあって、頭をぐるぐるさせながら、いっしょに楽しく「てつがく」してみましょう!

[コーディネーター] 山森裕毅(大阪大学COデザイン・センター特任講師) ※本セッションでは、アーティストの大曽根朝美による、触れたり座ったりできるソフト・スカルプチャーを体験しながら語らいます。

 

スピーカー、コーディネーター
  • 今井朋 (アーツ前橋 学芸員)
    群馬県のアーツ前橋にて、2016年に展覧会『表現の森 協働としてのアート』を企画し、前橋市内にある福祉施設や団体とアーティストが協働する5つのプログラムを紹介した。今後、同展は長期的なプロジェクトとして、アートが福祉や教育、医療の現場に入っていくことで、どのような化学変化が起こりうるのかを考察する。
  • 高田大志(浦河ひがし町診療所副所長 / ソーシャルワーカー)
    地域に根差した精神科クリックとして、2014年に北海道浦河町に開院。精神障がい等をかかえた当事者の地域活動拠点である社会福祉法人浦河べてるの家と連携しながら、誰もがともに表現できる場づくりを行う。院内にアール・ブリュットの作品展示を行なったり、札幌国際芸術祭2017では、障がいのある人々を中心に結成された即興演奏グループのライブを企画。積極的にアートとの連携を行なう。
  • 高橋亜美(アフターケア相談所ゆずりは所長)
    自立援助ホームのスタッフを経て、2011年よりアフターケア相談所ゆずりはの所長に就任。社会的養護のもとを巣立った人たちの、その後の人生をサポートする目的として、生活や就労、就学などの相談が行える場づくりを行う。同スペースにある「ゆずりは工房」では、武蔵野エリアの農家から野菜や果物を譲り受けてジャムを作り、瓶詰めなどの作業を通して、利用者の人々の就労支援に繋げている。
  • 土谷享(美術家ユニット KOSUGE1-16)
    土谷享と車田智志乃による美術家ユニット(2001年-)。アートが身近な場所で生活を豊かにしていく存在となることを目的に、参加型の作品を通して、参加者同士あるいは作品と参加者の間に「もちつもたれつ」という関係をつくりだす活動を行っている。2018年には、dear Meプロジェクトのワークショップとして、赤羽の児童養護施設にて、「どんどこ!巨大紙相撲」を子どもたちと制作した。
  • 山森裕毅(大阪大学COデザイン・センター特任講師)
    哲学者・記号論研究者。都市の路上に愛着を感じながら、人や物事が移り変わり変化する仕組みに関心を持つ。浦河ベてるの家の東京拠点「ベてぶくろ」にて定期的に哲学カフェを開催し、色々な背景を持つ人々が集う場づくりをしている。