MAD2017 : ベビーと一緒に アートの絵本を楽しもう!

NC05NC15NC20-860x573 Photo by Roger McDonald

3回に渡る「アート&ベビー」は、赤ちゃん連れで、あるいは赤ちゃんと一緒にアートの新たな見方や感じ方を発見する講座です。アートの歴史を振り返ると、パブロ・ピカソやマティス、ミロなど、名立たるアーティ ストたちが子どもの視点や表現に高い関心を持ち、作品の中にその要素を取り入れてき ました。第 1 回目は、赤ちゃん向けにピカソやウォーホールなどの絵本の読み聞かせを行います。その後、大人も楽しめる簡単なスライドレクチャーを行い、アーティストや作品についてお話します。アートの魅力を一緒に発見したり、 アーティストと子どもたちの表現の関係性に迫ってみませんか。

プロフィール
  • 堀内奈穂子(AITキュレーター)
    エジンバラ・カレッジ・オブ・アート現代美術論修士課程修了。2008年より、AITにてレジデンス・プログラムや展覧会、シンポジウム、企業プログラムの企画に携わる。ドクメンタ12マガジンズ・プロジェクト「メトロノーム11号 - 何をなすべきか? 東京」(2007年)アシスタント・キュレーター、「Home Again」(原美術館、2012年)アソシエイト・キュレーターを務める。国際交流基金主催による「Shuffling Space」展(タイ、2015年) キュレーター、「Invisible Energy」(ST PAUL St Gallery、ニュージーランド、2015年)共同キュレーター。アーカスプロジェクト(2013年)およびPARADISE AIR(2015年ー)ゲストキュレーター。