「孤立」から共助へ – 有機的な生態系をつくる -

Photo by Yukiko Koshima
児童精神科医として困難を抱える子どもや若者に向き合った経験からNPO法人PIECESを立ち上げた、小澤いぶきさんを招き、これまでの取り組みをお聞きしながら私たち一人ひとりにできることを考えます。

 

子どもも大人も「孤立」しないために

子どもが尊厳を育み、豊かに育つ社会を作るためには、大人も子どもも「孤立」しないような、共助や互助が可能になる仕組みを構築しなくてはなりません。そのためには、ひとりの力やひとつの組織だけでは実現できず、市民や企業、行政、専門機関の分断を無くし、協働していく仕組みが必要です。
児童精神科医として困難を抱える子どもや若者に向き合った経験からNPO法人PIECESを立ち上げ、子どもや大人が協働しながらプログラミングや料理、スポーツ等を通して人に出会い、自己肯定やつながりを感じるための多くの取り組みを紹介します。

子どもが育つ環境を考える活動について聞きながら、アートの表現や思考がそれにどのように交差できるのか、私たち一人ひとりにできることを考えます。

 


MAD 2018 子どもとフクシとアートのラボ(4-9月)

アートと子どもと福祉を取り巻く新しい可能性について考えるコースの一環で行われるレクチャーシリーズ。レクチャーと実践を通し、さまざまな環境下にある子どもや若者が主体的に関わる場づくりや新しいアート・エデュケーションの可能性を考えます。AITが2016年に立ち上げたアーティストと子どもが協働するプロジェクト「dear Me」を出発点に、ゲスト講師に児童福祉の専門家や支援者、ソーシャルワーカー、小説家、アーティスト、研究者などを迎え、フクシとクリエイティヴの現場に対するさまざまな考え方、視点、ひいてはアートの可能性について議論していきます。また、実践では、オランダ王国大使館からの協力を得て、子どもや若者、障害のある方々を含む人々とアーティストが協働しアートを通じた先駆的な実践を行う海外の専門家を招き、受講生が子どもたちとアーティストを繋ぐ企画に取り組みます。

アートを見たい、触れたい、考えたいと希望する誰もがアクセス可能な「場」とは何か。一緒に考え、探していきます。

<特徴>
・福祉とアートをつなぐ活動に触れることができる 
・子どもたちや、社会的に弱いとされる立場にある人々を取り囲む環境を創造的に変革する専門家の声が聞ける
・アーティストやキュレーターの活動を通して、新しいアート・エデュケーションの可能性が発見できる
・海外の先駆的な活動を行う実践者との意見交換、ワークショップが体験できる

<こんな方にオススメ>
・福祉、社会、アートに関心がある方
・新たなアート・エデュケーション、学びの場を考えたい方
・子どもやアーティストと相互に想像力を刺激する活動に触れたい方
・ケアの在り方や、子どもとの寄り添い方のヒントを考えたい方 

 

 

 

 

プロフィール
  • 小澤いぶき(NPO法人PIECES代表理事/児童精神科医)
    東京大学先端科学技術研究センター特任研究員。どんな環境に生まれた子どもたちも権利と尊厳をもって生きていくことのできる社会をめざし、子どもの育ちを支える有機的な生態系づくりを行っている。Pe’Canvas(生きる力を文化、芸術を通して学ぶ親子の教育プログラムを実施)立ち上げ及び運営にも携わるほか、子どもも大人も立場を問わず「1人の人としての幸せ」を考える「asobi 基地」副代表としても活動。http://www.pieces.tokyo
  • NPO法人PIECESについて
    貧困、虐待、不登校など様々な課題の背景にある「子どもの孤立」を予防し、健やかで豊かな「生きる」を紡ぐために、子ども達と信頼関係を築いていくコミュニティユースワーカーという「人」を育成しています。企業やNPOへの研修や関係性についての研究も行っています。
    http://www.pieces.tokyo